製品情報
トップページ > 製品情報 > 超音波画像ファイリングシステム

超音波画像ファイリングシステム

ドラッグ&ドロップで画像をファイリング。結果を入力すれば、すぐにレポートが完成します!
超音波画像ファイリングシステム
検査の結果を入力し、画像をドラッグ&ドロップするだけで、簡単にレポートが作成できます。
撮影したエコー画像だけでなく、ローカルフォルダの画像のドラッグ&ドロップにも対応しています。 レポート入力画面の「編集」ボタンをクリックすれば、画像をペイントで編集することができ、エコー画像やシェーマへの記入も簡単に、素早く、編集・保存が可能です。
また、保存したレポートの検索機能も充実。患者IDなどはもちろん、診断コメントからのAND検索、OR検索に対応しています。
レポート印刷機能
レポート印刷機能
保存した画像や検査データはレポートとして印刷することができます。
「カルテに結果を載せたい」「患者様に結果を提示したい」など、紙ベースでデータを見せたい時に便利な機能です。
一度データ化した結果を、必要に応じて出力することで、保管場所の省スペース化、紙資源の消費削減に貢献します。

製品の特長

  • 画像ドラッグ
    ドラッグ&ドロップで画像添付が可能。
    エコー画像だけでなく、ローカルの画像ファイルもドラッグ&ドロップで簡単にファイリングできます。
  • 画像編集
    編集ボタンを押すと、画像をペイントで起動し、簡単、素早く、編集・保存ができます。
    エコー画像やシェーマへの書込みに便利な機能です。
  • 検査・レポート検索機能
    検査一覧画面から、様々な条件で検索ができます。
    患者様の氏名だけでなく、検査日やレポートのコメント内容まで充実した検索機能です。
  • 過去レポート参照機能
    レポート入力時に、同じ患者様の過去のレポートを一覧表示します。
    一覧からレポートの詳細も見れるので、過去の記録との比較が簡単です。
  • 補足画像機能
    レポートに多く画像を添付したい場合、最大100枚まで補足画像を添付できます。
  • データ連携機能
    既存システムからのデータ移行や患者情報などの連携についてはご相談ください。

システム構成図

製品の特長
お問い合わせはこちら

導入実績(敬称略)

  • 独立行政法人 国立病院機構 東徳島医療センター

超音波検査機器連携実績(敬称略)

  • GEヘルスケア・ジャパン株式会社 Vivid 7 Dimension
  • 株式会社 日立メディコ HI VISION Preirus